勘定奉行・弥生会計等の導入支援-業務ソフト導入支援塾:会計ソフト・販売管理ソフト・給与計算ソフト等業務パッケージソフトを活用し、中小企業の経営を支援します。【業務ソフト導入支援塾】

ホーム > 販売管理ソフト > 1つの売上項目に対して複数の原価項目を紐づけできる販売管理ソフト

1つの売上項目に対して複数の原価項目を紐づけできる販売管理ソフト

請求時の売上項目1つに対し、複数の原価(仕入)項目が紐づく販売管理が必要な業種があります。(仕入は複数項目で請求は一式)

チラシの印刷
例えば・・・

○造園業
 請求書 「植栽工 一式○○円」
 仕入項目 植木、土壌改良材、支柱など材料と作業費と経費

○印刷業
 請求書 「○×印刷 @○○円 × 10,000枚」
 仕入項目 DTP、刷版、用紙、印刷費、加工費...

○IT関連
 請求書 「○×システム利用料 1か月 @○○円」
 仕入項目 ソフトウェア○○、ハードウェア○○、人件費...

○和服販売
 請求書 「着物セット 一式○○円」
 仕入項目 訪問着、帯、帯締め、帯揚げ、草履...
 ※上の3つとは毛色が違いますが、こちらはセット販売で単品の明細を表示しない例です。

植栽工事.png
外側の円だけを見積書や請求書に表示(内側の円はお客様へ見せない部分)


売上原価PROなら階層型の入力で、1つの売上明細に対して、複数の原価明細を入力することができます。

[F10原価明細]をクリックすると、原価項目を入力する画面がひらきます。
売上原価PRO1つの売上項目に複数の仕入項目.png