勘定奉行・弥生会計等の導入支援-業務ソフト導入支援塾:会計ソフト・販売管理ソフト・給与計算ソフト等業務パッケージソフトを活用し、中小企業の経営を支援します。【業務ソフト導入支援塾】

ホーム > 販売管理ソフト > レッツ原価管理Go!のインポート機能がすばらしすぎる(2)

レッツ原価管理Go!のインポート機能がすばらしすぎる(2)

前回の記事で、スバラシイ点が2つある。と断言しながら、1つ目の説明が長くなってしまいました。2つ目をご紹介します。

エラーログがすばらしい。

ファイルの読み込みに失敗した場合は、エラーを出している項目に「*」をつけたファイルが作成されます。

エラーを修正する場合は、作成されたファイルを開き、「*」がついているセルを検索し、直接修正すれば、そのファイルを読む込むことができるのです。


文字にすると、すばらしさが表現しきれていない感じになるのが残念です。でも、弥生・ソリマチ・OBC・応研・PCAなどのパッケージソフトのインストラクターをしている人なら、このソフトのインポート機能がどれだけすばらいいか共感してもらえるはずです。


たとえば、このようなデータを読み込むと・・・
レッツ原価管理Go!得意先インポートデータ.png

エラーがあると、このようなファイルが作成されます。A8、A9、A10のセルに「*」がついていますよね
それぞれのエラー内容はこのようになります。
・A8必須項目であるコードの欄が未入力
・A9半角項目に、全角文字
・A10(この例ではコード桁数を4桁と設定)のところへ5桁のため文字数オーバー
レッツ原価管理Go!得意先インポートエラーログ.png


ちなみに、一般的なエラーログはこんな感じです
これを見て、元のファイルを開き、何行目の何項目を探し修正する。という作業を行うところを想像してみてください。

インポートエラーログ例.png