勘定奉行・弥生会計等の導入支援-業務ソフト導入支援塾:会計ソフト・販売管理ソフト・給与計算ソフト等業務パッケージソフトを活用し、中小企業の経営を支援します。【業務ソフト導入支援塾】

ホーム > 販売管理ソフト > 売掛金と買掛金の相殺を自動で行うことができる販売管理ソフト

売掛金と買掛金の相殺を自動で行うことができる販売管理ソフト

一般的な販売管理ソフトは売掛金と買掛金を相殺することはできません。

なぜなら、売掛金は「得意先マスタ」、買掛金は「仕入先マスタ」とそれぞれ別のマスタで管理しているからです。

よって、『売掛金と買掛金を相殺した』という実務上での状態を、販売管理ソフトへ入力するためには、「入金伝票と支払伝票をそれぞれ入力する」という作業が必要になります。

しかし、例えばOBCの商奉行・蔵奉行なら「一括相殺処理」というメニューで、指定した時点の請求先の売掛金残高と支払先の買掛金残高を集計して、入金伝票と支払伝票を自動で作成することが可能です。


得意先マスタで、相殺処理を行う仕入先マスタを紐づけします。
(仕入先マスタ側から操作することも可能です。)
商蔵奉行得意先マスタ(仕入先の紐づけ).png


一括相殺処理のメニューでは、売掛金残高と買掛金(未払金)残高をいつ時点で集計するか、また相殺伝票の日付を指定することで取引先ごとの相殺額を自動集計します。
商蔵奉行一括相殺処理.png


入金伝票と出金伝票が自動作成されます。
商蔵奉行入金伝票(一括相殺から自動作成).png

商蔵奉行支払伝票(一括相殺から自動作成).png