勘定奉行・弥生会計等の導入支援-業務ソフト導入支援塾:会計ソフト・販売管理ソフト・給与計算ソフト等業務パッケージソフトを活用し、中小企業の経営を支援します。【業務ソフト導入支援塾】

ホーム > 販売管理ソフト > 複数の商品コードで管理できる販売管理ソフト

複数の商品コードで管理できる販売管理ソフト

商品は「自社コード」「メーカー品番」「JANコード」など1つのアイテムに複数のコードが存在し、その時々でインプット・アウトプットの商品コードを使い分けている企業も多いと思います。

このような場合は、複数の商品コードを持てる販売管理ソフトが必要です。

例えばOBCの商奉行/蔵奉行のi8シリーズなら最大3つの商品コードで管理することができます。
(商奉行/蔵奉行V ERP8シリーズの場合は最大5つ)

「商品マスタ」では「商品コード」に加えて「商品コード2」「商品コード3」を登録することが可能です。
商奉行商品マスタ.png

インプット
売上伝票や仕入伝票などの伝票入力時に商品を検索するためのダイアログボックスでは商品コード2~3も検索条件となります。
商奉行商品コード検索.png


アウトプット
集計表の出力条件設定にて、商品コード1~3のどのコードで表示するかを設定可能です。商奉行商品売上集計(集計条件).png

商品コード1で表示
商奉行商品売上集計(商品コード1別).png

    ↓ 集計条件を変更することで「商品コード2」での表示へ切り替えが可能

商奉行商品売上集計(商品コード2別).png