勘定奉行・弥生会計等の導入支援-業務ソフト導入支援塾:会計ソフト・販売管理ソフト・給与計算ソフト等業務パッケージソフトを活用し、中小企業の経営を支援します。【業務ソフト導入支援塾】

ホーム > 販売管理ソフト > 前払金の管理ができる支払管理ソフト

前払金の管理ができる支払管理ソフト


一般的な業務システムでは、仕入伝票を入力すると買掛金が増え、支払伝票を入力すると買掛金が減り、買掛金残高一覧表へ集計されます。

内金や手付金を支払うことがある場合は前払金の管理をシステムの中で管理する必要があるかどうかを十分検討し、選択してください。

例えばOBCの蔵奉行で以下の例をみていきましょう

3/20 100,000 手付金 振込み
4/31 432,000 仕入
5/29 332,000 残金 振込み

手付金や内金として支払う場合は、伝票区分で「前払金」を選択します。
伝票区分を前払金にすることで、この伝票は買掛金残高へ集計されません。
蔵奉行(支払伝票_伝票区分:前払).png

仕入伝票は通常どおり入力します
蔵奉行(仕入伝票).png

前受金振替処理
未振替額が集計されるので、振替日と今回振替額を入力します
蔵奉行(前払金振替).png

前受金振替処理を実行すると、こちらの支払伝票が自動作成されます。
蔵奉行(支払伝票_前払金振替からの自動作成).png

仕入先元帳を確認してみましょう
3/20の支払伝票は「前払金」として入力したので仕入先元帳へは集計されません。
蔵奉行(仕入先元帳).png


前払金残高一覧表
蔵奉行(前払金残高一覧表).png