勘定奉行・弥生会計等の導入支援-業務ソフト導入支援塾:会計ソフト・販売管理ソフト・給与計算ソフト等業務パッケージソフトを活用し、中小企業の経営を支援します。【業務ソフト導入支援塾】

ホーム > 販売管理ソフト > 案件ごと、請求明細ごとに入金消込できる販売管理ソフト

案件ごと、請求明細ごとに入金消込できる販売管理ソフト

入金チェックリスト.png
案件管理ができる販売管理ソフトは、入金も案件単位で入力する機能が実装されているわけですが、「複数案件の合計金額」を「複数の入金方法で回収する」場合には、入力担当者の作業が非常に複雑になります。

この部分がうまくできているな。と思うのが「売上原価PRO」。案件ごとの消込と回収方法の入力が分けて設計されているので作業担当者はものすごく簡単に入力できます。

振込・手形・手数料・会費の金額を、案件ごとにいくらずつ入力すればよいかを自分で計算してから入力している方は必見です。

例として、4物件の合計金額96,120円を、振込52,280円、受取手形40,000円、相殺(会費3,000円、振込手数料840円)で入金した場合を例にみてみましょう。

≪(1)案件の消込≫
入金先と入金日を入力すると、消込されていない案件が表示されます。
左端のチェックマーク部分をクリックしていくと右端の案件単位の入金金額が自動表示されます。
ヘッダの「全額入金」ボタンをクリックすると一括で入力ができます。
売上原価PRO(入金伝票_案件消込).png

≪(2)入金方法の入力≫
続けて、右上の「入金方法」の欄に入金区分ごとの金額を入力します
売上原価PRO(入金伝票_入金方法入力).png


以上で終了です。



≪入金消込の単位は5種類から選択≫
・取引先単位
売上原価PRO(入金伝票_取引先単位).png


・受注単位
売上原価PRO(入金伝票_受注単位).png

・受注明細単位
売上原価PRO(入金伝票_受注明細単位).png

・売上伝票単位
売上原価PRO(入金伝票_売上伝票単位).png

・売上伝票明細単位
売上原価PRO(入金伝票_売上伝票明細単位).png


≪取引先マスタで得意先ごとに入金消込の単位を設定≫
売上原価PRO(取引先マスタ_入金単位の設定).png