勘定奉行・弥生会計等の導入支援-業務ソフト導入支援塾:会計ソフト・販売管理ソフト・給与計算ソフト等業務パッケージソフトを活用し、中小企業の経営を支援します。【業務ソフト導入支援塾】

ホーム > 販売管理ソフト > 出荷予定日、納品期日を自動計算できる販売管理ソフト

出荷予定日、納品期日を自動計算できる販売管理ソフト

出荷までのリードタイムがアイテムごとにマチマチだったり、全国の得意先と取引をしていると、出荷予定日が同じでも納品日が異なることもあり、社内管理や問い合わせ対応に苦慮している。そんな場合におすすめなソフトをご紹介します。


OBCの商奉行なら出荷予定日と納品期日を自動計算する機能が搭載されています。

まずはカレンダー機能で休日を設定します。
・土、日、祝日などは一括登録が可能です。年末年始、お盆休みなど自社独自の休日を個別に設定します。
商奉行(休日登録).png

「会社機能設定」で出荷予定日と納品期日を伝票ごとに設定するか、明細ごとに設定するかを指定します。
同一の受注でも商品ごとに納期がバラバラの場合は、「明細ごとに入力」を選択します。
商奉行(機能設定_出荷・納品予定).png

商品マスタで受注日から出荷予定日までのリードタイムを設定します。
(今回は「1日後」と設定します)
商奉行(商品マスタ_出荷予定設定.png

得意先マスタで出荷予定日から納品期日までのリードタイムを設定します。
(今回は「2日後」と設定します)
商奉行(得意先マスタ_納品予定設定).png

受注伝票
上記の設定にて、翌営業日出荷予定の商品を、2日後納品予定の得意先から5月15日(金)に受注した場合

土日を考慮して、出荷予定日=5月18日(月)、納品期日=5月20日(水)が自動セットされます。

各種集計表は「受注日」「出荷予定日」「納品期日」いずれの日付情報でも条件出力が可能です。
商奉行(出荷予定・納品予定自動表示).png