勘定奉行・弥生会計等の導入支援-業務ソフト導入支援塾:会計ソフト・販売管理ソフト・給与計算ソフト等業務パッケージソフトを活用し、中小企業の経営を支援します。【業務ソフト導入支援塾】

ホーム > 販売管理ソフト > 案件別収支管理ができる販売管理ソフト

案件別収支管理ができる販売管理ソフト

受注生産型の製造業やシステム開発会社、比較的単価の高い製品の営業販売を行うBtoB企業からは、案件ごとや営業担当者ごとに利益管理をしたい。という要望をよく聞きます。

だんご.jpg

売上原価PROなら、「売上伝票」「入金伝票」「発注書」「仕入伝票」「作業日報」「生産日報」を『受注番号』で串刺し集計できるので、案件単位や営業担当者単位での利益管理ができます。

『受注入力』
案件に対して受注Noを付番します。

仕入伝票や売上伝票では、この受注Noを入力することで各伝票を案件ごとに集計し利益管理が可能になります。

また受注伝票に請求予定、入金予定、発注予定などの「予定」をあらかじめ入力しておくことで「転送機能」を使用した伝票作成や「進捗管理」も可能になります。
売上原価PRO(受注入力_受注NOを付与).png

「発注書」
仕入先へ送る発注書に受注NOを紐づけます。
売上原価PRO(発注書_受注NOで紐づけ).png

「仕入伝票」
仕入伝票も受注NOを紐づけます。
仕入伝票は支払請求書ベースでも入力できるように受注NOを入力する欄が明細行にあります。
複数の受注NOをまとめて入力できます。
売上原価PRO(仕入伝票_受注NOで紐づけ).png

「作業日報」
作業日報や生産日報も受注NOを紐づけます
売上原価PRO(作業日報入_受注NOで紐づけ).png

「売上伝票」
売上伝票も受注Noで紐づけます
売上原価PRO(売上伝票_受注NOで紐づけ).png

「案件台帳」
受注Noで串刺し集計した売上伝票と仕入伝票や作業日報から案件の利益を算出します
売上原価PRO(案件台帳).png