勘定奉行・弥生会計等の導入支援-業務ソフト導入支援塾:会計ソフト・販売管理ソフト・給与計算ソフト等業務パッケージソフトを活用し、中小企業の経営を支援します。【業務ソフト導入支援塾】

ホーム > 販売管理ソフト > 入数×箱数+バラで納品書を作成できる販売管理ソフト

入数×箱数+バラで納品書を作成できる販売管理ソフト

箱(ケース)単位の納品数と、バラでの納品数をそれぞれ納品書へ明記したい。という要望をいただくことがあります。

このようなケースでは販売管理ソフト選びに注意が必要です。

一般的な販売管理ソフトでは「入数」「箱(ケース)」「数量」この3つの項目は以下のような関係になっています。

    数量 = 入数 × 箱数

これに対して、ご要望を同じように式にしてみるとこうなります。

    数量 = 入数 × 箱数 + バラ


項目が1つ多いのですね。

応研の販売大臣NX Superならこのようなご要望も「予備項目」と「計算式登録」を使用して実現できます。


予備項目の使用の有無と名称設定を行います
販売大臣(伝票項目設定_入数×箱数+バラ).png

計算式を組み立てます
販売大臣(計算式登録_入数×箱数+バラ).png


カスタマイズされた売上伝票の入力画面がこちらです
販売大臣(売上伝票_入数×箱数+バラ).png

納品書や請求書の印刷フォームはレイアウトエディタ機能で変更できます
販売大臣(請求書_入数×箱数+バラ).png