勘定奉行・弥生会計等の導入支援-業務ソフト導入支援塾:会計ソフト・販売管理ソフト・給与計算ソフト等業務パッケージソフトを活用し、中小企業の経営を支援します。【業務ソフト導入支援塾】

ホーム > 販売管理ソフト > 病院食材費の納品書

病院食材費の納品書

病院へ食材等を納品する場合は、病院指定の専用納品書での取引を求められることがあります。

病院の経理処理は、食材費などを患者給食用の費用と、職員など患者以外の費用をわけて仕訳する必要があるため、仕訳がしやすいように特殊な専用伝票を使っていることがあります。

専用伝票の例(病院)

販売大臣なら、「予備項目」「計算式の設定」「レイアウトエディタ」などの機能を使って、患者用と職員用をそれぞれ入力すると合計が自動計算され、病院指定の専用納品書を印刷することができます。


販売大臣の通常の売上伝票の画面です。こちらの「商品」「数量」「単価」「金額」「備考」だけのシンプルな画面を、専用伝票にあわせてカスタマイズしていきます。販売大臣の通常の売上伝票



予備項目の名称を使いやすいように変更します
販売大臣予備項目の名称変更


計算式を登録します
販売大臣の計算式登録で患者・職員の合計を計算する式


レイアウトエディタで専用伝票のレイアウトを作成します
販売大臣のレイアウトエディタで指定伝票のレイアウトを作成



集計表の設定で、患者・職員それぞれの集計ができるように設定します
販売大臣集計表の設定で患者別職員別の集計表を作成


設定を変えた販売大臣の売上伝票は、患者と職員それぞれに数量を入力すると合計数量が自動計算されます。
設定を変えた販売大臣の売上伝票は患者職員別に入力可能


レイアウトを変更した納品書のイメージ
病院指定の専用伝票へ印刷できます
販売大臣レイアウト変更後の患者職員別納品書



社内用集計表も設定を変えて、患者用と職員用をそれぞれ集計することができます
販売大臣社内用集計表の患者職員別集計ができます