勘定奉行・弥生会計等の導入支援-業務ソフト導入支援塾:会計ソフト・販売管理ソフト・給与計算ソフト等業務パッケージソフトを活用し、中小企業の経営を支援します。【業務ソフト導入支援塾】

ホーム > 会計ソフト > 月次決算、四半期決算に対応している会計ソフト

月次決算、四半期決算に対応している会計ソフト

まずこのご質問へ回答する前に、御社が「月次決算対応」「四半期決算対応」に対して、具体的にどのような機能を求めているのか?を明確にする必要があります。

例えば、月次や四半期という単位で決算書を印刷したい。ということが要望なのであれば、一般的な会計ソフトはだいたい印刷時に集計期間の設定ができます。

問題なのは、決算整理仕訳を「加味した場合の集計」と「加味しない場合の集計」どちらでも集計できるようにしたい。という場合です。

この場合は、仕訳を入力する際に、通常の仕訳と決算整理仕訳を区別する仕組みが必要です。月次決算に対応するなら当然、各月に入力できなければなりません。

このような要望に対応する会計ソフトは多くはありません。印刷は月次単位でも可能だけど、設定できる決算区分は1つか2つ(本決算のみ/本決算と中間決算)だけというソフトもあります。



例えば、PCA会計Xなら、各月に最大4つの決算区分を設定できます。

前月の決算整理仕訳の再振替用の「月初仕訳」と「決算1次」「決算2次」「決算3次」です。

PCA会計決算整理仕訳.png


各種集計表の集計条件では、期間設定において通常仕訳のみ集計する、決算1次まで集計する、決算3次まで集計するなど柔軟に設定することが可能です。
PCA会計集計期間設定.png