勘定奉行・弥生会計等の導入支援-業務ソフト導入支援塾:会計ソフト・販売管理ソフト・給与計算ソフト等業務パッケージソフトを活用し、中小企業の経営を支援します。【業務ソフト導入支援塾】

ホーム > 会計ソフト > いろいろな会計ソフトの「振替伝票」入力画面

いろいろな会計ソフトの「振替伝票」入力画面

「簿記のルールに則って仕訳を入力すると決算書ができあがるソフト」が会計ソフトなので、会計ソフトでアレもしたい・コレもしたいという御社の要望が特になければ基本的にはどのメーカーの会計ソフトを選んでも間違いはありません。この場合は、入力担当者がより効率的に入力できるソフトを選択してください。

参考として各メーカーの「振替伝票」の入力画面を一挙にご紹介します。

入力画面は、設定しだいで変わることがあるので、なるべく同じ条件になるように下記の想定で設定しました。

・税抜経理(内税入力)
・コクヨ形式とオリジナル形式がある場合はオリジナル形式を使用
・損益科目のみ部門を入力
・取引内容は仮払金(10万円)の精算≪旅費5万9千円 交際費8千円 残金3万3千円≫


弥生会計

弥生会計振替伝票.png

会計王

会計王振替伝票.png

勘定奉行

勘定奉行振替伝票.png

PCA会計

PCA会計振替伝票.png

大蔵大臣

大蔵大臣振替伝票.png

SMILE BS 2nd Edition 会計

摘要欄が貸借それぞれにあります
SMILE会計(振替伝票).png



弥生会計と会計王は、振替伝票の他に、仕訳がわからない人向けの支援機能があります。

弥生会計かんたん取引入力

弥生会計_簡単取引入力.png

会計王らくらく仕訳入力

会計王_らくらく仕訳入力.png


ちなみに冒頭で申し上げた「アレ」や「コレ」の一例としては、部門管理・予算管理・配賦・セキュリティー・ソフト間連携(販売管理ソフト、税務申告ソフト、インターネットバンキング、データ分析ツール)などがあげられます。

このような項目はメーカーによって仕様がまちまちなので検討が必要ですが、御社にとって重要でなければ、入力のしやすさや価格で選択してください。