勘定奉行・弥生会計等の導入支援-業務ソフト導入支援塾:会計ソフト・販売管理ソフト・給与計算ソフト等業務パッケージソフトを活用し、中小企業の経営を支援します。【業務ソフト導入支援塾】

“売上原価PRO”タグの付いているブログ記事

業務ソフト比較相談会のお知らせ

業務ソフト、比較してから決めていますか?

会計ソフト・給与計算ソフト・販売管理ソフトなどの業務ソフト。パッケージングされたソフトはどれも魅力的な機能を備えています。しかし、その機能はあなたの会社に必要でしょうか? また、必要な機能は本当に付いているでしょうか?

年間保守契約の販売管理

今日は年間保守契約の業務フローをみていきましょう。

年間保守契約の販売管理業務フロー

毎月同じ内容の売上伝票を作成する方法(メーカー比較)

販売管理ソフトには、毎月同じ内容の売上伝票を作成する機能が搭載されているものがありますが、メーカーによって動作が異なります。メーカーごとの動作をご紹介します。御社にとって最適な販売管理ソフトを選んでください。

案件別収支管理ができる販売管理ソフト

受注生産型の製造業やシステム開発会社、比較的単価の高い製品の営業販売を行うBtoB企業からは、案件ごとや営業担当者ごとに利益管理をしたい。という要望をよく聞きます。

だんご.jpg

仕入済み未売上のチェックができる販売管理ソフト

仕入済み未請求.png


受注生産型の業種や、在庫を持たずに受注してから商品手配を行う業種では、受発注や入出荷の状況管理が必要です。

チェック項目
・受注済みの発注モレ
・発注済みの未入荷
・仕入済みの売上計上モレ

案件ごと、請求明細ごとに入金消込できる販売管理ソフト

入金チェックリスト.png
案件管理ができる販売管理ソフトは、入金も案件単位で入力する機能が実装されているわけですが、「複数案件の合計金額」を「複数の入金方法で回収する」場合には、入力担当者の作業が非常に複雑になります。

一括請求した前受金を月々売上計上する販売管理

主な販売管理のパッケージソフトは、「納品書・請求書作成 = 売上計上」という考えに基づき動作します。

『納品(サービス提供)前に一括請求し、サービス提供期間で按分した金額を毎月売上計上したい。』という業種の場合には導入ソフトの検討を慎重に行ってください。
毎月売上計上.png
○必要な機能
・請求、入金の管理
・前受金の残高管理
・月次損益

○対象となる業種
・語学学校、ビジネススクールなど教育サービス
・業界専門誌、業界新聞など
・そのた年会費ビジネス

定期請求型の販売管理

ストックビジネスでの販売管理には、定期請求機能が求められることがあります。

定期請求.png

●定期請求が必要な業種の例

ホスティングサービス、インターネット広告、ポータルサイト運営、eラーニング、などのインターネットサービス業、定期販売、頒布会販売、バーチャルオフィスなども含む不動産賃貸業、清掃・メンテナンス業、各種保守サービス業、各種顧問契約


●必要な機能
・一定間隔で請求の自動化
・請求漏れの防止


着手金を請求する部分請求型の販売管理

一般的な販売管理ソフトは、売上伝票を入力すると、納品書や請求書の発行と売上計上が同時に処理されます。

たいていの企業はこの流れでOKなのですが、着手金・手付金を請求する企業ではいくつかのジレンマをかかえることになります。

●着手金を請求するための請求書を作成したいのだが売り上げに計上されるのは困る

●売上計上の時期は、請求日とは別に指定したい
部分請求.png

このような場合は前受金の管理に対応した販売管理ソフトを導入するか、販売管理ソフトの「売上」「売掛」という文字を「請求」と読み替えて割り切って使用するかの検討が必要となります。

1つの売上項目に対して複数の原価項目を紐づけできる販売管理ソフト

請求時の売上項目1つに対し、複数の原価(仕入)項目が紐づく販売管理が必要な業種があります。(仕入は複数項目で請求は一式)

チラシの印刷
例えば・・・

○造園業
 請求書 「植栽工 一式○○円」
 仕入項目 植木、土壌改良材、支柱など材料と作業費と経費

○印刷業
 請求書 「○×印刷 @○○円 × 10,000枚」
 仕入項目 DTP、刷版、用紙、印刷費、加工費...

○IT関連
 請求書 「○×システム利用料 1か月 @○○円」
 仕入項目 ソフトウェア○○、ハードウェア○○、人件費...

○和服販売
 請求書 「着物セット 一式○○円」
 仕入項目 訪問着、帯、帯締め、帯揚げ、草履...
 ※上の3つとは毛色が違いますが、こちらはセット販売で単品の明細を表示しない例です。

植栽工事.png
外側の円だけを見積書や請求書に表示(内側の円はお客様へ見せない部分)


販売管理ソフト比較

販売管理ソフトについては、以下のメーカーのソフトを比較・検証しています。

【対象メーカー・製品名】

(株)オービックビジネスコンサルタント
(株)オービックビジネスコンサルタント
弥生(株)
弥生(株)
応研(株)
応研(株)
ピー・シー・エー(株)
ピー・シー・エー(株)
商蔵奉行V ERP8
(ver.2.11)
商蔵奉行i8
SPシステム
(ver.2.11)
弥生販売15
ネットワーク
販売大臣NX
Super
PCA商魂商管X
商蔵奉行V ERP8 商蔵奉行i8 SPシステム 弥生販売15 ネットワーク 販売大臣NX PCA商魂商管X

(株)OSK

(株)アイ・ジェイ・エス
SMILEBS2販売
STANDARD
売上原価PRO V3
売上原価Pro 売上原価Pro

エンドユーザー・販売代理店・請求先を管理できる販売管理ソフト

代理店販売やリース契約の場合など、複数社が関係する取引の場合は、見積から納品までのみならず、受注後のフォローも含めて管理が複雑ですね。

販売代理店.png
・見積は販売店へ
・納品はエンドユーザーへ直送
・請求はリース会社へ

というように、見積書の提出先、商品の納入先、請求先などがそれぞれ違ってくるので、業務が複雑になります。