勘定奉行・弥生会計等の導入支援-業務ソフト導入支援塾:会計ソフト・販売管理ソフト・給与計算ソフト等業務パッケージソフトを活用し、中小企業の経営を支援します。【業務ソフト導入支援塾】

“販売大臣”タグの付いているブログ記事

業務ソフト比較相談会のお知らせ

業務ソフト、比較してから決めていますか?

会計ソフト・給与計算ソフト・販売管理ソフトなどの業務ソフト。パッケージングされたソフトはどれも魅力的な機能を備えています。しかし、その機能はあなたの会社に必要でしょうか? また、必要な機能は本当に付いているでしょうか?

病院食材費の納品書

病院へ食材等を納品する場合は、病院指定の専用納品書での取引を求められることがあります。

病院の経理処理は、食材費などを患者給食用の費用と、職員など患者以外の費用をわけて仕訳する必要があるため、仕訳がしやすいように特殊な専用伝票を使っていることがあります。

専用伝票の例(病院)

毎月同じ内容の売上伝票を作成する方法(メーカー比較)

販売管理ソフトには、毎月同じ内容の売上伝票を作成する機能が搭載されているものがありますが、メーカーによって動作が異なります。メーカーごとの動作をご紹介します。御社にとって最適な販売管理ソフトを選んでください。

商品分類で売上と仕入を集計できる販売管理ソフト

一般的な販売管理ソフトは、「商品分類」「商品区分」などの名称で、その商品のカテゴリを登録し、カテゴリ別の売上を集計することができます。

ポイントとなるのは「商品分類で売上を集計することができる」です。

「売上」を「仕入」に置き換えても大丈夫ですが、「商品分類で売上と仕入を集計する」ことができる販売管理ソフトは少なくなります。


カテゴリなどで「売上と仕入を集計したい」なら、販売管理ソフト選びは慎重にしてください。


伝票を予約登録できる販売管理ソフト

毎年・毎月・毎週など定期的に発生する売上伝票や仕入伝票が多い企業は、予約伝票機能がある販売管理ソフトの導入が作業時間の短縮や入力ミスの削減に有効です。


入数×箱数+バラで納品書を作成できる販売管理ソフト

箱(ケース)単位の納品数と、バラでの納品数をそれぞれ納品書へ明記したい。という要望をいただくことがあります。

このようなケースでは販売管理ソフト選びに注意が必要です。

在庫一覧表に「定価」を表示できる販売管理ソフト

こちらは販売大臣の在庫一覧表です。
販売大臣(在庫一覧表).png
前回までの在庫数、指定期間の入庫数・出庫数、今回の在庫数、在庫単価、在庫金額が表示されます。一般的な表示項目でありレイアウトです。



ここに「定価」という表示項目はありません。



「在庫数」は在庫一覧表の現在在庫数(その元となるのは仕入伝票と売上伝票)、そして「定価」は商品マスタに存在します。


データは存在しているのですが、あらかじめ用意されている集計表には、この2つのデータを1枚に集計できる表がありません。今回の例では、在庫数は在庫一覧で、定価は商品マスタで、それぞれ確認する必要があります。


このように販売管理ソフトの導入検討では集計表がネックになることがよくありますが、一番多い落としどころとしてはExcelに出力してからExcelで加工するという対処方法でしょうか。

しかし、特に従業員の総数が少ない中小企業の場合には、従業員が皆が皆、Excelで関数やマクロを使いこなせる人ばかりとは限りませんし、たまたま今在職している従業員がExcelの達人だったとしても、ず~と在籍しその作業をしたり、Excelファイルのメンテナンスをしてくれるとは限りません。

Excelで加工するという手作業を残す場合には、どこまで残すのか、1回あたりの作業のボリュームと、どのぐらいの頻度でその作業を行う必要があるのかを具体的に洗い出す必要があります。

たとえ、販売管理ソフトの営業マンが、Excelで加工すれば簡単ですよ。と言ったとしても、実際に作業するのはその営業マンではありません。

あなたやあなたの部下ができるレベルを超えているのであれば「オリジナルの集計表を作成できる販売管理ソフトを導入する」こういった選択肢も検討したほうがよいでしょう。

仲介手数料を加算して請求できる販売管理ソフト

販売管理ソフトは、「単価×数量=金額」という計算式があらかじめ組み込まれていますので、商品コードと数量を入力すれば、売上金額が自動計算されます。

難しいことを考えなくてもいいようになっているので大変便利なのですが、その反面、ちょっとだけ計算式を変更したい、追加したい。ということはほとんどの販売管理ソフトはできません。

生産伝票なしでセット品管理ができる販売管理ソフト

販売管理ソフトは同じ名称の機能でも、違う動作をするものがあります。

本日ご紹介する「セット商品」もその1つ

「組立商品」「構成商品」「セット商品」このような名称の機能が必要な場合は、名称だけでできるできないを判断することは危険です。自社は具体的になにをどうしたいのかを明確にし、そのソフトは自社の求める動作をするのかを確認する必要があります。

リース期間を計算できる販売管理ソフト

建設機械のレンタルリースなどの請求書作成で、利用期間の計算が必要な業種におすすめの販売管理ソフトをご紹介します。

販売管理ソフト比較

販売管理ソフトについては、以下のメーカーのソフトを比較・検証しています。

【対象メーカー・製品名】

(株)オービックビジネスコンサルタント
(株)オービックビジネスコンサルタント
弥生(株)
弥生(株)
応研(株)
応研(株)
ピー・シー・エー(株)
ピー・シー・エー(株)
商蔵奉行V ERP8
(ver.2.11)
商蔵奉行i8
SPシステム
(ver.2.11)
弥生販売15
ネットワーク
販売大臣NX
Super
PCA商魂商管X
商蔵奉行V ERP8 商蔵奉行i8 SPシステム 弥生販売15 ネットワーク 販売大臣NX PCA商魂商管X

(株)OSK

(株)アイ・ジェイ・エス
SMILEBS2販売
STANDARD
売上原価PRO V3
売上原価Pro 売上原価Pro

前回販売単価を自動表示できる販売管理ソフト

販売管理ソフトの「単価の表示方法」は、メーカーごとの特徴がよく表れています。

前回販売単価を、次の入力の初期値として表示してほしい。という要望を時々聞きますが、この点が御社にとって重要な要素なら、すべての販売管理ソフトが対応しているわけではないのでご注意ください。


発行済み管理ができる販売管理ソフト

販売管理ソフトをリプレイスする場合は、既存のソフトでできていたことが新しいソフトでもできるかどうかはとても重要な検討要素です。

ただし、ちょうどよい機会なので、「その機能はホントに必要なの?」という視点からも検討することをおすすめします。

取扱品目や取引先数などによっては、「発行済みの管理」が必要な企業もあります。

明細単位で担当者を入力できる販売管理ソフト

担当者別に売上実績を集計しインセンティブを計算したいが、1つの取引=1枚の伝票に複数人の担当者が関わる。

このような要望を聞くことがあります。

製品の販売と保守メンテナンスを行う業種で営業担当者と技術担当者がつく場合や、メイン担当とサブ担当がつく場合などが挙げられます。


この要望を実現するためには、明細単位で担当者を入力する機能が販売管理ソフトに必要となります。

導入事例 (食品卸・製造、飲食店運営)

慶徳ミート株式会社様


商号:
慶徳ミート 株式会社
所在地:
東京都小金井市貫井北町2-19-6
電 話:
042-385-2981
FAX:
042-385-1499
設立:
昭和46年9月

<業務内容>

食肉卸、ハム・ソーセージ食肉製品製造、飲食店運営


会社概要

肉を中心にしたビジネスを展開
加工分野での発想力、肉のクオリティや香辛料へのこだわり
本物を手に入れられる会社である
お客様との信頼関係を大切に、長くお付き合いいただける会社を目指す


導入システム

  • 販売大臣2006 ピア・ツー・ピア

導入時期

  • 2006年11月

支援内容

  • 導入ソフトの選定
  • ソフトウェアセットアップ
  • 初期導入コンサルティング3時間×3回

■ 背景

(専務取締役 島崎知融氏)

もともとは、肉の小売からスタートしたが、スーパーマーケットなどが現れ活路を見出すために、卸売や飲食店への配達をする業務を拡大。
配達して欲しいという業者さんの要望が増えるにつれ、伝票発行業務が増えた。

当初は手書きから始まったが、件数が増えるにつれ正確さをきするために、伝票と請求書が発行できるオフコンを導入したのが17・8年前。
それから3世代(15年ぐらい)オフコンを使用した。
導入コストも当時は非常に高価なものだったが、月々のメンテナンス費用もばかにならず、更新の時期にコストをどうにか下げられないかという思いがあった。

■ オフコンからパッケージソフトへの切り替えを検討

パソコンがどんどん進化して高性能で安定してきた時期でもあり、オフコン更新の説明でも今後はパソコンを使ったシステムに変わると説明があった。
今までと同じことができるならオフコンの継続にこだわらず、メーカー品でもいいのではないかと、パッケージソフトに切り替えるという選択肢も検討を始めた。

まずは伝票発行や売上集計ができる低価格のソフトということで、弥生販売を中心にインターネットで情報を探していたところ、弥生を中心に導入支援を行なっている会社「ディー・マネージ」のホームページを見つける。

いろんなものを取り扱っていて、そのなかで弥生の導入支援をかなりやっているという印象を持ち電話をしたところ、疑問に対して、懇切丁寧に教えてくださったのでデモンストレーションをしてもらうことにした。

■ パッケージソフトの比較検討

自分達でも体験版を取り寄せて研究していたが、実際にデモンストレーションしてもらうことで、すぐに決定ができた。

ソフトの価格は弥生販売よりも 応研 販売大臣の方が割高ではあったが、項目を自社にあわせて増やしたりカスタマイズができる点や、なによりも、使い勝手がオフコンに似ており、今までの流れに沿った形で使えそうだったので応研に決定した。
オフコンは15年ぐらい使っているので、現場の人間は操作感が今までに近いことが重要だった。

■ 商談

導入コストが明確だった。
ソフトだけではなく、セットアップや訪問指導などのサポート込みで価格を明確に提示してくれた。
全て込みでも、オフコンの更新料より安い価格で、そんなに安く済むんだ。と驚いた。

「自立して使用できるようにします。」という営業の小林さんの言葉。
業務系のソフトは、専門家に任せなければいけないと思っていたが、説明の中で自分達ができるようになるんだということがよくわかった。

■ 導入から実働までの期間

(経理担当 佐々木氏)

オフコンのリースが切れるタイミングもあり、1ヶ月の平行稼動を行い、次の月からは本稼動した。
それまでに2回インストラクターの訪問指導があり、すぐに伝票発行までできた。

本当にしっくりくるまでは6ヶ月ぐらいはかかったが、そのころには、オフコン時代に、もっと細かく管理したいと思っていてできなかったこともできるようになった。

■ 実際にどのように使っているのか

1台は作業場で、主に日々の伝票発行に使用。
もう1台は、経理部門で仕入入力、支払管理、売掛金管理を行なっている。

会計ソフトはPCA会計、給与はPCA給与を使用している。

■ ディー・マネージへの要望

(専務取締役 島崎知融氏)

長く続けてください。
次にまたシステムの検討時期が来たときにお願いできる会社であって欲しい。

(経理担当 佐々木氏)

初期段階で、導入指導を3回予定していたところ2回で済んだが、残りの1回を、1年後に、こんなことができたらいいな、こういう使い勝手がしたいという要望が相談できたことで、一緒にシステムを作ってきた「仲間」という感じがある。

(専務取締役 島崎知融氏)

この分野に関して信頼できるパートナーはここ。と決められてとても満足している。

 

販売管理ソフト比較(2009年版)

主要メーカー4社の販売管理ソフトについて、主な機能を一覧表にまとめて ご案内しております。

販売管理ソフトの導入を検討しているが、どのメーカーのソフトを使用するの がベストなのかよく分からない・・というお客様は、こちらをご覧ください。

【対象メーカー・製品名】

(株)オービックビジネスコンサルタント
(株)オービックビジネスコンサルタント
弥生(株)
弥生(株)
応研(株)
応研(株)
ピー・シー・エー(株)
ピー・シー・エー(株)
商蔵奉行V ERP
(Ver1.01)
商蔵奉行21Ver5
Superシステム
弥生販売09
ネットワーク
販売大臣NX
Super
PCA商魂商管
9V.2
商蔵奉行V ERP 商蔵奉行21シリーズ 弥生販売 ネットワーク 販売大臣NX PCA商魂商管9V2