勘定奉行・弥生会計等の導入支援-業務ソフト導入支援塾:会計ソフト・販売管理ソフト・給与計算ソフト等業務パッケージソフトを活用し、中小企業の経営を支援します。【業務ソフト導入支援塾】

ホーム > 業務ソフトとは > なぜパッケージソフトがいいのか?

なぜパッケージソフトがいいのか?

基幹業務の場合、多くの業務を標準化することが可能です。必ず出さなければならない集計値、帳票、資料等は どんな業種であろうと共通しています。そういった処理をするためのソフトを、自社で独自に開発した場合には、 その費用を一社で負担しなければなりません。

ところがパッケージソフトの場合には、多くのユーザーによって開発費を分担して負担することになるので、 一社に多くの負担がかかるということがありません。費用の負担を分担できるということは、税制の改正や プログラムの改変が必要になった場合にも効果があります。

中小企業にとって、効率的なIT投資をするためには、業務パッケージソフトの活用は必須であると考えます。